メニュー 閉じる

DR. VRANJES FIRENZE MAGAZINE|COVID-19:私たちの取り組み

DR. VRANJESの香りの世界をより深く感じていただくDR. VRANJES FIRENZE MAGAZINE。
最新作の情報やブランドのストーリーなど、嗅覚体験を刺激するトピックスをお届けします。

世界的危機の中でのDR. VRANJES FIRENZEの取組み

-私たちのすべきこと、大切にしたいこと-

Dr. Vranjes Firenzeのフィレンツェ本社では、新型コロナウイルスによるパンデミックが始まった当初から、「健康と安全」を明確な目標に掲げすぐに行動を起こしました。
2020年3月からの政府によるいわゆるロックダウン、移動制限や商業活動の制限措置等に対応するため、わずか数日で本社オフィス、ラボ、生産拠点を再編成し、学校閉鎖の影響を受けた子供のいるスタッフとその家族への経済的支援、誰もが在宅勤務ができるようにシステムやデバイスへの投資、マスクやフェイスガード等の支給やコンスタントな消毒作業など、製造現場のスタッフを守るための安全対策といったスタッフへの支援を開始し、まずは最初の目標である「すべての従業員とその家族の安全」を確保しました。

「すべての従業員とその家族の安全」は今日でも私たちの最優先事項ですが、これで充分とは思えませんでした。当社のノウハウをこの目に見えない敵と戦うために日々自らの命を危険にさらしながら奮闘する、医療従事者の皆さんの助けになるような何かに生かせないかと強く感じていました。

「国全体が危機に陥った3月、ただそれを傍観しているわけにはいきませんでした。」「迅速にかつ効果的な、できるかぎりの手段を講じなければならないと思いました。」マエストロパフューマ―、 Dr .パオロ・ヴラニエスは語っています。「パンデミックの初期から手指の消毒剤の不足は深刻でした。そのため私たちは新たに組織を作り、商品の製造ラインのほとんどを消毒用ジェルの製造へと転換し、半産業規模で製造に取り組みました。医療機関などへ無償提供するためです。」

ルームフレグランスの製造に欠かせないエッセンスやエタノールなどの原料がもともと持つ抗菌力や、確実で高品質な製品をつくり続けている当社の化学的ノウハウとスキルを、この消毒用ジェル製造にも大いに生かすことができました。

残念ながら新型コロナウイルスとの闘いはまだ続いています。ですが私たちはあきらめません。Dr.Vranjes チーム全員が最善をつくし、個人としても企業としても成長し続けることができるように、私たちは日々、最高レベルの安全性を確保することに取り組んでいきます。