New Homefragrance “GIGLIO DI FIRENZE”Debut! 【2019年1月2日発売開始】

2019年の年明けに、ディフューザーに新たな香りが加わります。
17 APRILE以来の新しい香りは、これまでとはすこし雰囲気の違う香りで、Dr. Vranjesの香りの世界をより広げてくれるフレグランスになるはずです。

ルネサンス期、メディチ家の庇護のもとに繁栄し、その中心地であったフィレンツェは、現在も歴史的な建造物や芸術品が数多く遺され、「屋根のない美術館」とも称される歴史都市です。
その歴史にインスパイアされて生まれたこの新しいフレグランスは、その芸術性へのオマージュでもあります。

GIGLIO DI FIRENZE〈ジリオ ディ フィレンツェ〉は、ヨーロッパではフルールドリスとも呼ばれ、そのモチーフは古くから紋章や旗に多くみられます。フルールドリスは直訳すると「ユリの花」ですが、ユリではなく、アヤメ(アイリス)の花を様式化した意匠を差し、特に紋章の場合は、政治的、王権的、象徴的な意味合いを強く持ちます。フィレンツェでは、ルネサンス期に栄華を極めたその芸術や文化、そして様式美といったものと結びついており、都市の紋章ともなっています。アジアにルーツを持ちながらフィレンツェに古くから自生し、5月に庭園を彩るアヤメは、フィレンツェととてもゆかりの深い花なのです。

このゆかりの深いアイリスを基調に、ラヴェンダーやゼラニウムのフローラルノート、ナツメグ、サンダルウッドなどのウッディノートやバニラ、パチュリなどのアロマが一つに溶け合って、繊細なハーモニーを完成させています。
また、とても繊細でありながら、かつ香りの持続性が高いことも特徴です。またその香りは、例えばエントランスやリビング、キッズルーム、寝室や書斎など、どんなシーンにもオススメでき、お部屋に洗練と調和をもたらします。
べビーパウダーを思わせる甘くまろやかなパウダリーノートが、幼いころの記憶を呼び起こし、祝福してくれるようなフレグランスです。

【発売開始】
2019年1月2日(水)

【税抜価格】
250ml:¥8,000/500ml:¥13,000

【 お問合せ 】
株式会社 ドットール・ヴラニエス ジャパン
Tel03-6427-0350 Fax03-6427-0351 (平日10:00-18:00)
info@drvranjes.jp